NPO法人 日本華僑体育交流協会
 当協会は[特定非営利活動法人日本華僑体育交流協会]といい、英文名は[Chinese sports Community in Japan]、略称[CCJ]...
ホーム】>【主催・主管事業
协会概要
当協会は、1993年在日中国人IT技術者の発起に「CCJサッカークラブ」として創立され、毎週東京周辺でサッカー活動を行っており、20年間たくさん日本人サッカーチームと交流試合を行いました。現在、日中関係が冷えているいま、積極的に両国間の相互理解を深める必要があると考えます。
 この問題を解決するために、この法人を新規設立し、在日華僑華人のスポーツ活動を活発させ、日中両国間のスポーツ交流事業を行い、スポーツを通じて日中両国親睦文化交流を促進し、両国の友好関係の発展に寄与することを目的とする。
 この目的達成のためには、今後も永続的に会員を増やし、サッカーに限らず安定的なスポーツ交流活動を実施し、長期的に安定した地道な活動を積み重ねていくとともに対外的な信用を得ることが必要となる。会員数も毎年一定数増加し、当会の存在も少しずつ世間に知られるようになってきている現在、会の組織や形態を整えて法人格を取得しようということに総意が固まった。



名称
ニホンカキョウタイイクコウリュウキョウカイ日本華僑体育交流協会

所在地
東京都千代田区神田佐久間町 3-33 三井田ビル3F

名誉会长
李 鉄(元中国サッカー代表選手、現広州恒大FC監督助理)
会长
華原 革夫(1993年CCJFCの創立者、日本華僑華人会 理事)
代表 理事長
陳 宏宇(CCJFC 現任会長)
目的この協会は,在日華僑華人のスポーツ活動を実施することによって、華僑華人の健康を促進し、日中間のスポーツ交流に協力することによって、日中両国の親睦文化交流を促進し、両国の友好関係の発展に寄与することを目的とする。
沿革

1993年
在日華人IT技術者がCCJFCサッカークラブを創立

1995年
FFLリーグ戦(在日外国人留学生サッカーリーグ戦)に初参加
2002年
FFLリーグ戦で初優勝
2004年
選手を拡大募集、色々な遠征合宿を開始する
>
2004年
株式会社写易が最初のスポンサーとなる
2005年
選手が100名を超える
2006年
秋季FFLリーグ戦で優勝
2007年
春季FFLリーグ戦、秋季FFLリーグ戦で優勝
2008年
春季FFLリーグ戦で優勝
2011年
秋季FFLリーグ戦で優勝
2012年
会員数が累計1000人を超える
2013年
東京地区華人サッカーリーグ戦(CCJリーグ戦)を初開催
2014年
NPO法人として正式登録
Copyright(C) 2018-2019 Xieyi Co.,Ltd